様々な七五三衣裳や小物取り揃えております。
専門スタッフがお子様をもっとかわいくする
着物コーデをご提案します。
人気の柄からご成約が決まるので、ご来店はお早めに!!

しきたりに習い、数え年(3歳なら2歳)の
男の子は3歳・5歳、女の子は3歳・7歳にお祝いをしていた七五三。
今では、前撮り写真を洋装や兄弟で…など、スタイルは様々です。
もちろん洋装もご用意しております。

ひまわりでは前撮りも可能。
フォトグラファーを2名から選べ、家族写真も撮影する事ができます。
また、神社が近くにあり、当店からそのまま着て参拝もできます。

フォトギャラリー
フォトプラン

ひまわりは、様々な衣裳レンタルをしています。
お父様やお母様の着物や礼服など、
家族写真の撮影はもちろん、
参拝時の衣裳にお困りの際はお問合せ下さい。

列席者ご衣裳

乳児の間は髪を剃っておくと病気の予防や後に健康な髪が生えてくると言われており、三歳までは男の子も女の子も髪を剃っておくという風習がありました。男の子は髪の毛を結うために、女の子は髪をきれいに伸ばすために3歳になる誕生日に行われた儀式が髪置(かみおき)です。一般的には晴れ着の上に「被布(ひふ)」と呼ばれる袖なしの上着を重ねて着用します。

男の子の5歳のお祝いは、男児から少年になる節目であり、大人への第一歩としてその成長のお祝いに大人の礼儀を模した袴をつける儀式が袴着(はかまぎ)です。元々は宮中のみで行われていましたが、次第に武家や庶民の間に広まりました。当初は女の子も初めて袴を着る儀式がありましたが、江戸時代から次第に男の子だけの風習に変わっていきました。最近では着物もだいぶオシャレになってきており、スタイリングが重視されています。

女の子の7歳のお祝いは、それまで紐付きの着物を着ていた女児が、初めて大人の装いである本格的な帯を結ぶ儀式が「帯解」(おびとき)です。帯解きを経て女の子は社会から認められ、大人の女性の第一歩を踏み出すのです。大人用寸法の振袖を肩上げ、腰上げし、はこ迫と扇子を胸元に入れ、しごきという芯のない帯を帯下に結びます。はこ迫(はこせこ)は武家の女性が使っていた紙入れで、今では七五三の飾りになっています。

射水神社へのリンク

お宮参りも百日祝いも、衣裳をご用意しております。
男の子は生後3 0 ~ 3 2日、女の子は3 1 ~ 3 3日に行うお宮参りは、
初めて晴れ着をまとう日。 また、生後100日の赤ちゃんが
一生食べ物に不自由しない様に祈願する百日祝い( お食い初め)は
赤ちゃんの表情も豊かになり、一段と可愛さを増した晴れ姿。
この記念日に晴れ着を着て、お写真も残しませんか?

フォトギャラリー